« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ

2006年9月12日 (火)

装苑 9月号

装苑の9月号を購入しました。
最新号じゃないところがミソだな。(買った当初、既に10月号が出てました8月末日)
てか、久しぶりに衝撃を受けた。
久しぶりに服が着たいと思ったね。
そして思うことは、一般的な女性服飾雑誌(CanCamとかMOREとか)における服っていうのは「生活」なんだなってこと。
そりゃそうだ「衣食住」って言葉は生活と同義だもの。
モードのお服は生活ではなく、芸術。着る為に存在していて、生活として存在しているわけじゃない。

ゾクゾクしながらページをめくる。
媚びない表情、それは人間としてではなく至高のマネキンとしての存在。
たまにそれが本気で恐かったりもしたけど。
しかし、5万6万の服を見た後で、1万くらいが「プチプライス!」と書かれれば、本当に「安いなー」と思えるから不思議だ。ふらふら買っちゃいそう。
久しぶりに自分のファッションの方向性が見れた一瞬でした。
しかしそれが垣間見れたからと言って、それに合う服屋がすぐに見つかるとは限らない。地道にいろんな系統の服屋を回ろっか。。
秋はヴィクトリアンがいいなー。
秋になるとブリテンびいきになります、ウタキチでした。

| | コメント (0)

« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ